眉間のシワに効く美容成分

眉間のシワを改善するには、美容成分が配合されたクリームでお手入れするのが効果的です。
乾燥による浅いシワにおすすめの美容成分は、肌の内側でうるおいをキープする細胞間脂質を構成しているセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などで、これらの美容成分が配合されたクリームを選びましょう。

指で押し広げてもなくならないほど肌の奥深くに刻まれたシワは、「真皮シワ」と呼ばれるもので、老化や紫外線も影響しています。
肌のハリを支えて掛かるコラーゲンやエラスチンは分子としては大きすぎて肌の奥の真皮まで浸透していかないため、このように濃いシワにおすすめの美容成分としては、コラーゲンを繰り返すビタミンC誘導体や成長因子(グロースファクター)、レチノールなどを配合したクリームが良いでしょう。

ビタミンCには、シミの予防や改善、新陳代謝のリペア、コラーゲンの生成促進、紫外線によって発生する活性酸素の無害化といった効果が期待できます。しかし、ビタミンCを皮膚にそのまま塗ったとしても、ビタミンCは成分がもろく壊れやすいため、まるで皮膚への浸透が見込めません。ビタミンC誘導体はビタミンCを「誘導体化」させたビタミンCで、皮膚への浸透力を上げるだけでなく、皮膚内に浸透してからビタミンCに変化するという特徴を持っています。

グロースファクターは人の体内で生まれるタンパク質の一種で、細胞の分裂・増殖をコントロールしている。年齢とともに減少していくグロースファクターを浸透させ、肌の細胞に呼びかけるためコラーゲンを増殖させ、肌に美しいハリとツヤをもたらします。体外から注入され時間とともに吸収されるヒアルロン酸やコラーゲンとは違い、グロースファクターは肌細胞自体の再生を促すため、肌にハリが出てきます。

レチノールは、肌のハリを助けるコラーゲンとヒアルロン酸を取り出すのを助ける美容成分だ。レチノールが形を変化させた後に、線維芽細胞の働きを活性化させることが分かっていますが、それによりヒアルロン酸やコラーゲンの生成が活発になるということです。

最近ではシワの改善効果があるとして厚生労働省が認可した美容成分を配合した医薬部外品クリームなども登場しているので、それらを選ぶのもよいでしょう。引用