海外オークションで美術品を売って見る

ひょっとしてお宅には、もの凄く価値のある美術品がありますか?富豪だったお祖父さんから受け継いだ絵画など、大事にしまってあるが、本当は売ってしまおうかと思っている方もおられるかもしれません。その美術品が一番かなりの金額に罹る、ということが分かっている場合、海外オークションで譲るほうが得かもしれません。なぜかというと、海外オークションの場合、はたらく金額が日本に確かめるとけた違いなのです。

ピカソやゴッホの絵が何百億円の値が付いたとか、あんな取引きが浴びる海外オークション。そのような名品はことごとく、サザビーズやクリスティーズの2大オークションで競売にかけられます。世界中の富豪たちが、自分たちの購入希望の美術品のために、大金を惜しげもなく注ぎ込み、競り合います。ですから、人気の名品などは、相場より相当上回った金額で競り落とされることもあるようです。ですから、もしもご自宅における美術品が全く激しいものなら、海外オークションで並べる方がいいかもしれません。

ですが、その美術品を売ってアッという間にもお金が入用です、という方には適していません。なぜなら査定から競売に出品始めるまでには半年近くも月日が増えるからです。ですから、急いでいる人には不向きですが、そうでない人には是非おすすめの海外オークションだ。

海外競売、しかもサザビーズやクリスティーズなんて、どうして出品始めるの?と心配になるかもしれませんが、よっぽど大丈夫なのです。それは両方ともに日本事務所が開設されているからなのです。こういう事務所に連絡すれば、日本人スタッフがいて、手続きすべてをやってくれるのです。こういうスタッフとの連携がとっても大切になります。

まず、本社から熟練した鑑定士が来て、割り出します。その後、落札予想価格(エスティメイト)と最低売却価格(リザーブ)を設定します。それからその美術品をカタログに載せることになります。世界中のオークション人々が、そのカタログにある品を見て、これはという品を今度は下見会において見極めることになるのです。そして、競売本番ということになります。

ただ海外オークションの場合、心づもりをしなければならない点が2つあります。それは手数料が高いに関してと、料金はまた更に増えるという点だ。もしも1千万円で売れたとしても2割間近い手数料がかかります。また、現す品が小さければ良いのですが、おっきいものだと本当に料金がなるはずです。ですから、醸し出す品物が、物凄い価値のあるものでないと・・、に関してになりますね。引用