ニキビに効くビタミン(1)

ビタミンがお肌に有難いというのは、多くのかたがもうご存じのことと思います。
しかし、ビタミンと申しますと、多くのかたは野菜をたくさん食べなくてはならないとか、果物をたくさん食べなくてはならないというように思いますよね。
実に野菜や果物は数多く食べた方が良いのですが、ビタミンの中には、野菜や果物から加えるよりも、お肉や魚介類から摂ったほうが容易に、そして充分に取り込めるはもあるのです。
それでも前もって野菜や果物は、ニキビだけでなく身体の健康を維持するためにもたっぷりと食べた方が良いでしょう。
嫌いなかたは、料理の仕方を切りかえるなど工夫をして食べてください。
また、ご自身の顔に膿を有するニキビがたくさん出来るところを想像してみると、少しは召し上がる気になるかもしれません。
もしかすると、野菜や果物が嫌いなかたは、もうニキビがたくさん出来ていて、膿をつぶして掛かる最中かもしれませんね。
あまりに食べられないほど嫌いです場合には、サプリメントで補充してください。
とりわけ、ビタミンAですが、こちらは、お肌のターンオーバーを正常な周期です28日に戻していただける働きがあります。
つねに28日周期でお肌が新しく入れ替わっていれば、ニキビが出来る間がありませんね。
出来たとしても、治りが手っ取り早いので、ニキビ痕となって長く留まる心配がなくなります。
ビタミンAを多く取り込む食品は、豚や鶏のレバー、鮎、うなぎ、海苔、抹茶などで、野菜で多いのは乾燥パセリやニンジン、シソ、ホウレンソウなどです。
ビタミンBは、ビタミンB1、ビタミンB2というように多くの種類があるため、通常は「ビタミンB群」などという呼び方をします。
なかでも、ニキビの予防や治癒に関係が濃いのは、ビタミンB2と、ビタミンB6でしょう。
ビタミンB2は、皮脂が出過ぎないようにしてくれますから、脂性肌や混合肌のかたは、もしかすると、ビタミンB2が充分ではないということも考えられますね。
また、ビタミンB6は、お肌のターンオーバーを促進してくれますから、両方を充分に摂取して下さい。
ビタミンB2が多い食品は、豚レバー、海苔、味噌、卵、まいたけ、わかめなどです。
ビタミンB6が多い食品は、唐辛子、ニンニク、バジル、乾燥パセリ、ピスタチオ、こんにゃく、バナナ、じゃがいも、マグロなどです。
ビタミンB群は、なるたけまとめて摂ったほうが良いとされていますので、サプリメントのほうがお手軽で良いかもしれませんね。参照サイト